トランサミンの効果や通販のご案内

トランサミン500mg (トラネキサム酸)

肝斑治療には必須のアイテム!低価格商品が待望の入荷!当トランサミンは肝斑治療で有名なトランシーノと同成分のお薬ですが、濃度が高いため美容クリニックで使用する医薬品扱いの商品です。

最安値を販売ページでチェック


個人輸入代行サイトを利用することで、トランサミンを通販でお取り寄せすることが可能です。

トランサミンの効果について

トランサミンは、トラネキサム酸を含有する抗プラスミン薬です。
湿疹や蕁麻疹の改善や、しみの改善、ニキビ跡の改善、肌荒れ予防などの効果も期待されているお薬になります。
特に肝斑と呼ばれる顔の左右対称にできるしみに効果があると言われていますが、それ以外の老人性色素斑といわれるしみにも効果は期待できる考えられています。

プラスミンはアレルギーや炎症反応に関与しますが、トランサミンの主成分であるトラネキサム酸がそのプラスミンの働きを抑える事で、抗炎症作用や抗アレルギー作用を発揮します。
さらにプラスミンは色素沈着の原因となるメラニンを作るメラノサイトを活性化させる働きもあるため、プラスミンを抑制する事によって、メラニンの生成が抑えられ、それによって美白効果も期待できるとされているのです。

美白効果の他にも、止血作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用もあるため、次のような様々な症状の治療にも用いられます。

  • 全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向
  • 局所線溶亢進が関与すると考えられる異常出血
  • 湿疹・じん麻疹・薬疹・中毒疹における紅斑・腫脹・そう痒などの症状
  • 扁桃炎・咽喉頭炎における咽喉痛・発赤・充血・腫脹などの症状
  • 口内炎における口内痛及び口内粘膜アフター

トランサミンの服用方法

成人は通常1日750mg~2,000mgを、3~4回に分けて服用します。
症状や年齢によって、適宜調整されます。

食事には影響されないのでいつでも服用できますが、胃腸への負担が心配な方は食後に飲む事が推奨されます。
美白効果を確認できるまでの期間はは、個人差もありますがおよそ2~8週間程度かかるため、効果がすぐに出ないと感じても、しばらく継続して服用するようにしましょう。

トランサミンの副作用

トランサミンの副作用としては、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけが報告されています。
また痙攣などが起こる可能性もあります。
トランサミンを服用してお身体に異常を感じた場合には、速やかに医療機関を受診するようにしてください。

トランサミンの注意事項

以前薬を使用してアレルギー症状を起こした事にある方や、妊娠中授乳中の方、また他にお薬を飲んでいる方は、服用前に医師や薬剤師に相談してください。
また、止血剤のトロンビンを使用している方は血栓ができやすくなるため禁忌となりますので、十分ご注意ください。


そしがや薬局【公式】