ドグマチールの効果や通販のご案内

ドグマチール200mg(スルピリド)

スルピリド配合のドグマチールは、統合失調症、うつ病、ストレスやうつが原因の胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの治療に用いられるお薬です。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、ドグマチールを通販でお取り寄せすることが可能です。

ドグマチールの効果について

ドグマチールは、胃の働きをよくする作用と、うつ状態を改善させたり気分を安定させる作用を併せ持つお薬です。
そのため、胃もたれや吐き気、食欲不振などの胃腸症状の改善効果や、うつ病や統合失調症などによる心の落ち込みや、不安、緊張、イライラ感などの様々な精神症状の改善効果が期待できます。

具体的には、胃腸の働きを活発にする事で胃もたれや吐き気の症状を改善したり、胃の粘膜の血流を良くする事で胃潰瘍が治るのを助ける効果があります。
また、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンの放出を促進する事で、気持ちが前向きになるのを助けて、気持ちが落ち込んだり、悲観的になったりするのを防ぎ、うつ病の症状を改善する効果が期待できます。
また同じく脳内の神経伝達物質であるドーパミンを抑制することで脳内の混乱を改善し、思考や感情のコントロールできなくなったり、幻聴や幻覚、妄想が起きたりする統合失調症の症状を改善する効果も期待できます。

ドグマチールの服用方法

ドグマチールは、症状によって服用方法が異なります。

胃腸トラブル

通常成人は主成分スルピリド150mgを、1日で3回に分けて服用します。
症状によって服用量は適宜増減します。

うつ病・うつ状態

通常成人は主成分スルピリドを150㎎~300mgを分割して服用します。
年齢や症状によって服用量は適宜増減しますが、1日最高で600mgまで増やすことができます。

統合失調症

通常成人は主成分スルピリドを300㎎~600mgを分割して服用します。
年齢や症状によって服用量は適宜増減しますが、1日最高で1,200mgまで増やすことができます。

ドグマチールの副作用

ドグマチールの副作用として多いのは、生理不順と乳汁分泌、そして男性の乳房が大きくなるという症状です。
これはドグマチールの服用によってプロラクチンというホルモンが過剰に分泌されるもので、服用をやめれば治りますが、少し時間はかかります。
気になる場合は早めに受診するようにしてください。
また、パーキンソン病のような手が震えたり腕がこわばるといった症状や、表情が乏しくなったりする事もあります。
さらに多めの量を長期間服用し続けていると、「遅発性ジスキネジア」という口周辺の異常運動や舌の震えの症状が起こる可能性があります。
またごく稀に、身体が固くなって動かなくなり高熱が出る「悪性症候群」という副作用が起こる事も考えられます。
特に高齢の方や身体の弱っている方などに起きやすいとされていますのでご注意ください。

ドグマチールの注意事項

飲み合わせに注意する薬があるため、他の病気を治療中で服薬中の方は事前に医師や薬剤師に伝えるようにしてください。


そしがや薬局【公式】