デュオダートの効果や通販のご案内

デュオダート(デュタステリド/塩酸タムスロシン)

男性の『排尿障害』の治療と『前立腺肥大』の縮小を同時に達成する画期的なお薬!デュタステリド(アボダートやアボルブ)と、タムロシン(ハルナール)が配合されており、前立腺肥大の症状と根本原因を同時に治療!

最安値を販売ページでチェック
前立腺肥大・排尿障害の薬一覧はこちら

個人輸入代行サイトを利用することで、デュオダートを通販でお取り寄せすることが可能です。

デュオダートの効果について

デュオダートは、前立腺肥大の治療薬である「デュタステリド」と「タムスロシン」の2つの有効成分が配合されたお薬で、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン(GSK)社が製造販売しています。
デュオダートは、男性ホルモンの働きを抑制する事で、肥大した前立腺を縮小させる効果と、排尿障害などの前立腺肥大症に伴う諸症状の改善効果の両方が期待できるお薬です。

デュオダートに含まれるデュタステリドは、男性ホルモンの「テストステロン」を、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換するために必要な酵素である、「5α還元酵素」の働きを抑制します。
それにより、前立腺組織や血中のDHT濃度を低下させ、肥大した前立腺を縮小させ、尿の排出を促し、頻尿や残尿感などの症状を改善します。

また同じくデュオダートに含まれるタムスロシンは、「アドレナリンのα1受容体」という尿道を狭くする物質と結合する事で、尿道が圧迫するのを防ぎ、尿道のまわりの尿道平滑筋と前立腺の緊張を緩める作用により、排尿障害を改善する効果が期待できます。

デュオダートの服用方法

通常、成人は1日1回1カプセルを食後約30分に服用します。
初めて使用する場合や、高齢者で腎機能が低下している場合には、少量から開始する必要がありますので、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

デュオダートの副作用

デュオダートの主な副作用としては、次のような症状が報告されています。

  • めまい
  • 頻脈
  • 肝機能障害・黄疸
  • 胃腸障害
  • 性機能障害・勃起不全
  • リビドー減退
  • 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)

これらの症状以外にも身体の異変を感じた場合には、医療機関を受診するか、医師や薬剤師に相談してください。

デュオダートの注意事項

デュオダートの成分に過敏症の既往歴のある方や重度の肝機能障害のある方は使用できません。
また動物実験において胎児の性別に影響を与えたり、性器の発達障害を起こしたりする事があると報告されているため、女性や小児は服用を控えるだけでなく、皮膚から成分が吸収されるのを避けるため、触れる事もないようにしてください。

また、バイアグラなどのPDE-5阻害薬や、降圧剤、CYP3A4阻害作用を有する薬剤を使用中の方は、デュオダートの使用には十分注意する必要があります。
これ以外のお薬でも、既に服用中のお薬がある場合には、医師や薬剤師に相談の上使用するようにしてください。


そしがや薬局【公式】