ジェイゾロフト通販と効果について

ゾロフト(DAXID50mg)

うつ病のほか、パニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などに有効な成分である塩酸セルトラリンを配合した、安価なジェネリック医薬品です。選択的セロトニン再取込阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, SSRI)という種類の薬です。副作用が比較的少ない抗うつ薬です。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


ゾロフト(DAXID100mg)

日本ではジェイゾロフトと呼ばれるSSRI抗うつ剤でうつ病やパニック障害などに

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


ゾロフト100mg

ゾロフトは、ファイザー社が販売している気分を改善する治療薬です。特にうつ状態や不安障害、ストレス障害、パニック障害に効果があります。脳内に存在するセロトニンが減少するのを抑えることで、セロトニン濃度を高めて症状を改善します。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


ジェイゾロフト50mg

ジェイゾロフトは、ファイザー製薬が開発した比較的新しい抗うつ薬のひとつです。先発医薬品であり、安定した効果を期待できます。SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)に分類される、 脳内のセロトニン濃度を上げることで病状の改善を期待できます。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


ゾロフトジェネリック(セルトラリン25mg)

うつ病・うつ状態やパニック障害、外傷後ストレス障害の改善、さらにはゆううつな気持ちや不安、イライラなどのこころの症状などに働きかける薬です。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル100mg)

ゾロフトジェネリック(ラストラルスペシャル)は、脳内物質のセロトニンに作用して、うつ病の症状を改善する抗うつ薬です。気分の高揚や落ち込み、物事に対する意欲に関係しているのがセロトニンとノルアドレナリンです。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


ジェイゾロフトは「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」に分類される、意欲を向上させたり、憂鬱な気分を解消させるための医薬品です。
主な作用は「セロトニンの働きの向上」です。

ジェイゾロフトは神経伝達物質の調整によって、脳内のバランスを整理し、うつ状態をはじめとする辛い状態を改善していくことを狙いとしています。
「うつ病」や「うつ状態」、そして「PTSD(外傷後ストレス障害)」や「パニック障害」に改善効果を期待することができます。

上記の症状以外にも、「強迫性障害」であったり、過食や拒食といった「摂食障害」、ひいては「社交不安障害」に対しても、抗不安作用として活用されるケースもあります。
個人輸入代行サイトを利用することで、ジェイゾロフトを通販でお取り寄せすることが可能です。

ジェイゾロフトの効果について

ジェイゾロフトは脳内にある「セロトニン再取り込み機構」に対して選択的に阻害を行います。それによって、シナプス間隙にあるセロトニンの濃度を向上させ、持続的にセロトニンの神経伝達をアップさせて、抗うつ作用を齎し、上の項目に挙げたパニック障害などに治療効果を示します。

ジェイゾロフトの服用方法について

通常、成人の方は1回につき1錠を、1日につき1回から飲み始め、1回につき4錠を1日につき1回服用するまで徐々に増量されますが、症状であったり年齢によって、1日につき4錠を超過しない範囲で、適宜調整(増減)されます。

服用を忘れた場合は、発覚した段階で、できるだけ早く1回分を服用します。しかし、次のジェイゾロフトを飲む時間が近づいている場合は、その1回分は飛ばし、次の時間に1回分を服用するようにしてください。絶対に2回分を1度に服用するのはやめてください。

もしも、誤って2回分を1度に飲んでしまった場合などは、医師もしくは薬剤師に相談を行うようにしましょう。

ジェイゾロフトの服用における注意点について

眠気であったり眩暈を催す可能性があります。そのため、車の運転が控えている、高所の作業が控えている、精密機械の操作を行う前などといった状況においては、十分に注意する必要があります。

ジェイゾロフトはアルコールの摂取によって薬効が強く現れる可能性があります。そのため、服用中に飲酒を行うことは避けて下さい。
「セイヨウオトギリソウ」が含有されている健康食品は、併用することによってセロトニンの作用が強まってしまう恐れがあります。そのため、一緒に飲む事は避けて下さい。

そしがや薬局【公式】