シーナック通販と効果について

シーナック(白内障点眼薬)

シーナックは2012年にアメリカのFDAで承認された画期的な白内障点眼薬である、キャンCのジェネリック医薬品です。同じ有効成分Nアセテルカルノシン(NAC)が配合されていますが、お値段は据え置きでお求めやすい白内障点眼薬です。

最安値を販売ページでチェック
 


シーナックは、加齢による目の障害を防いだり、白内障を治すのに用いられる点眼薬になります。
先発医薬品である点眼薬の「クララスティル」のジェネリックです。

シーナックは先発医薬品のクララスティルの倍の容量でありながらも、ジェネリック医薬品であることから低価格で購入できるというメリットがあります。
個人輸入代行サイトを利用することで、シーナックを通販でお取り寄せすることが可能です。

シーナックの効果について

シーナックの有効成分であるNアセチルカルノシンは、眼球の水晶体が酸化するのを防ぎ、白内障から回復させる働きを持ちます。
体内には抗酸化作用を有するアミノ酸の一種である「カルノシン」を作り出す働きがありますが、老化などといった要因により、カルノシンの生成量が少なくなると、同時に抗酸化作用も弱まり、結果として白内障をはじめとする症状が現れ始めます。

このカルシノンは「カルノシナーゼ」という名称の物質の働きによって分解され、抗酸化作用を失いますが、シーナックの有効成分であるNアセチルカルノシンは、カルノシナーゼに分解された結果カルシノンへと変化するという特性を持っています。ですのでシーナックを点眼することによって目の中に、必要な量のカルノシンを保持することが可能となります。

カルノシンは強力な抗酸化作用を持っている故に、すでに酸化したものに対しても、それを還元し元に戻す働きも持っています。つまりNアセチルカルノシンがカルノシンへと変容することによって、眼球の中で強力な抗酸化作用を発揮して、水晶体の白い濁りをクリアーにし、視力を向上させます。

過去に行った臨床試験の結果で、Nアセチルカルノシンを投与したおよそ9割の方に視力の改善が見られたというデータが報告されています。
さらに、シーナックは白内障だけではなく、ドライアイであったり老眼、眼精疲労に対しても改善効果がみられるとされています。
この背景にはシーナックのその他の有効成分である「カルボキシメチルセルロース」が角膜を守り修復する働きを持っているからです。

また、シーナックは人間のみならず、犬や猫などの動物の白内障に対しても改善効果を持っています。

シーナックの服用方法について

すでに白内障の症状が出ている方は、1回につき1〜2滴を、1日に最大2回まで用います。
その際に、続けて2滴垂らすのは避けて、1滴点眼したら、5分程度間をあけ、2回目の点眼を行うようにしてください。

シーナックの副作用について

シーナックの副作用については、一時的な目のかすみ、角膜の充血、痒み、刺激感といったものが報告されています。
使用していて違和感を感じた場合は、医師もしくは薬剤師に相談を行うようにしてください。

そしがや薬局【公式】