クリマラ通販と効果について

クリマラ50(3.8mg)

更年期障害の改善に貼る女性ホルモン補充剤!不快な更年期の症状はガマンせずに解消しましょう!

最安値を販売ページでチェック
女性ホルモン剤の一覧はこちら


クリマラ100(7.6mg)

更年期障害の症状緩和に!貼るタイプの女性ホルモン補充剤でエストロゲン補充

最安値を販売ページでチェック
女性ホルモン剤の一覧はこちら


クリマラは皮膚へと貼付するタイプの、外用(パッチタイプ)の女性ホルモン製剤となります。
女性ホルモンの一種である「エストロゲン」をスムーズに補うことが出来るのが特徴であり、女性の更年期障害をはじめとするエストロゲンが不足することによって引き起こされる症状に対して、高い改善効果が確認されています。

クリマラは世界的にもとても多くの場面で用いられている医薬品であり、1回貼付することによって、およそ1週間効果を得ることができます。
個人輸入代行サイトを利用することで、クリマラを通販でお取り寄せすることが可能です。

クリマラの効果について

クリマラには「エストラジオール」という有効成分が含有されており、これがエストロゲンという名称の卵胞ホルモンをカバーする働きを持ちます。
この働きにより、更年期障害における症状改善であったり、卵巣欠落症状がもとで起こる顔面の紅潮や発汗といった症状を緩和させる効果を期待することができます。

更年期障害という症状に悩まされている女性は多いですが、その反面、一定数の「無症状の女性」も多く存在するというのも事実です。
女性が閉経するタイミングである前後に当たる40〜50歳前後である「更年期」となった女性のおよそ2〜3割ほどが「更年期障害」の症状に悩まされているとされ、火照りや過度の発汗、眩暈や肩凝り、そして睡眠障害などといった様々な症状となってそれが現れます。

また一方で、クリマラはここ近年においては、性同一障害の治療にも用いられている薬となっています。
エストラジオールを含有する卵胞ホルモンは、体型を「本人が自認する性」へと近づけ、心理的な悩みや葛藤を改善する効果があるともされています。こういったことから男性の同一性障害であったり性別違和症候群、そして性別適合手術を行った後に、ホルモン治療の一環として採用される場合もあります。

クリマラの使用方法について

クリマラは胴の部分、もしくは臀部へと直接貼付し、1週間ごとに張り替えて用います。パッチタイプであるため、摩擦などによって薬がはがれてしまう恐れがあるので、できるだけ衣服との摩擦が少ない場所を選んで貼付してください。胸部であったり、湿疹がある箇所、外傷のある箇所、皮膚炎になっている箇所などは、それらの症状が悪化するのを避けるためにも、貼付しないようにしてください。

もしも薬の貼付を忘れた場合は、それに気がついた時点で、できるだけ早く1回分を貼付するようにします。その際に2回分を同時に貼付することは絶対に避けるようにしてください。その次の回から決められた時間に貼るようにします。

もしも間違って多くの量のクリマラを貼付してしまった場合には、医師もしくは薬剤へと相談を行うようにしてください。

そしがや薬局【公式】