クラリスロマイシン通販と効果について

クラリスロマイシン(クラリス錠ジェネリック)

クラリスロマイシン(クラリス錠)の有効成分がクラミジアなど多種多様な細菌の増殖を防ぎます。急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や、胃潰瘍や胃がんの原因といわれているヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも使用されます。

個人輸入代行サイトを利用することで、クラリスロマイシンを通販でお取り寄せすることが可能です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


クラリスロマイシンとは「マクロライド系」に類する抗生物質となります。
細菌が「蛋白合成」をするのを防いで、それらが増殖するのに歯止めをかけることによって、抗菌作用に期待することができます。

クラリスロマイシンは通常、「呼吸器の感染症」や、「耳鼻科領域の感染症」、そして「皮膚科領域の感染症」などといった広範囲にわたる感染症の治療、そして、「非結核性の抗酸菌症」を治療する目的でも使用されます。

クラリスロマイシンの効果について

クラリスロマイシンの作用とは、細菌が「蛋白質合成」を行うのをジャマして、細菌が増殖するのを防ぐことにあります。
人体にとって害をもたらす細菌は、その命を長らえさせるために、「蛋白質合成」という動きが必要不可欠です。この蛋白質合成を行うのが「リボソーム」という器官になります。クラリスロマイシンは細菌がリボソームを使って蛋白質合成をするのを防いで、細菌が増えるのをストップさせることができます。

クラリスロマイシンはマイコプラズマであったり、クラミジアといった菌に対しても、強い抗菌作用をもたらすことが可能となっています。

クラリスロマイシンには抗菌とは違った効果が確認されています。炎症に関係する「T細胞」および「好中球」の運動を抑制して、体内の組織にトラブルが起きるのを防止したり、体内で過剰に粘液が分泌されるのを抑える効果もあります。こういった新しく見つかった作用により、「びまん性の汎細気管支炎」であったり、「慢性副鼻腔炎」、そして、「滲出性中耳炎」などといった慢性の炎症性疾患の治療などにも応用されるケースが見られます。こういったケースの投与においては、比較的少ない量を長期間において使い続けることが多いです。

それらに加えてクラリスロマイシンには緑膿菌をはじめとする、限られた種類の細胞が作り出す緑膿菌である「バイオフィルム」を壊す働きがあることも発見されています。クラリスロマイシンはもともとは緑膿菌に対しては効果のない薬ですが、他の抗菌薬とクラリスロマイシを併せて使用することによって、さらに強い抗菌力を得ることが見込めます。

また、クラリスロマイシンは飲む際に、他の薬と比較して、苦味を感じやすいものであるとされています。
特に服用する際に歯で噛んだり、酸性の飲み物(スポーツドリンクやジュースなど)で飲むと、それを強く感じることがあります。

クラリスロマイシンの保管方法について

クラリスロマイシンを保管する際には、乳幼児であったり小児の手の届かない場所に保管するようにしましょう。
また直射日光や高温、そして湿気を避けて保管するようにして下さい。
治療が終わった段階で薬が残った場合は、保管せず破棄するようにしましょう。

そしがや薬局【公式】